Doseiの自活日記

障がいを持つ管理人が自立を目指すブログです。

チョコレートコスモスを読み終えて

こんにちは。Doseiです。

今日は恩田陸著書のチョコレートコスモスを読み終えての感想を簡単に書きます。

まず本の情報としてあらすじです。

芝居の面白さには果てがない。一生かけても味わい尽くせない。華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な少女、飛鳥。二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。これは戦いなのだ。

Google Books

感想

後半部分、二人の演技場面が面白かったです。クライマックスはひといきに読んでしまいました。

時間をかけて読んだからか終わり方が納得できなかったのでもう一度読みたいと感じました。

読んで良かったです。

 

 

広告を非表示にする